デリケートゾーンの黒ずみの理由|アロマなどの対策を紹介します

デリケートゾーンの黒ずみの理由とは?

デリケートゾーンが黒ずんでいることにお悩みの方はいらっしゃいませんか?自分は遊んでいるつもりではないのに、どうしてという方が多いでしょう。

 

実はデリケートゾーンが黒ずむにはきちんとした理由があるのです。まずデリケートゾーンは肌が弱いです。そのため下着とのこすれやアンダーヘアの処理などの刺激に弱く、メラニン色素が発生されます。

 

それがそのまま色素沈着してしまったものが黒ずみです。ただ、ターンオーバーがスムーズであればメラニン色素は排出されるわけですが、何らかの理由でその周期が乱れることで肌内部に残ったままとなり色素沈着するのです。

 

さらに日本人が黄色人種だからというのも黒ずみの理由です。白人に比べて黄色人種の方がメラニン色素が多いです。そのため下着のこすれ程度でもメラニンが発生し、黒ずみの原因となるのです。

 

黒ずみはできないように予防するのがベストですが、できてしまってからでも遅くありません。この部分は顔とは違って、本格的なケアをしたことがない方が多いのではないでしょうか。

 

つまりちょっとケアをするだけで、その黒ずみは劇的に改善する可能性があるわけです。具体的には刺激を与えずに保湿ケアです。

 

デリケートゾーンにも使える低刺激な保湿剤などで保湿することで肌が整い、ターンオーバーが正常に近づきます。

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策はどうすべき?

デリケートゾーンの黒ずみに人知れずお悩みの方は少なくないようです。普段は人に見られない部分ですが、いざという時にかなり大事な部分です。

 

黒ずんでいては不潔な印象を与えかねませんし、遊んでいると勘違いされてしまうかもしれません。そうならないように、デリケートゾーンの黒ずみはしっかり対策を講じるべきです。

 

その前にそもそもなぜデリケートゾーンが黒ずむのでしょうか。それは刺激が問題です。

 

この部分、デリケートというように肌が弱いです。そのため下着とのこすれで色素沈着して黒ずむこともありますし、アンダーヘアのお手入れの際のダメージによって黒ずむこともあるのです。

 

そこで、そんなデリケートゾーンの黒ずみの対策としてまず考えられるのが、刺激を避けることです。下着はサイズに合ったもので体を締め付けすぎないもので、コットンやシルクなどの肌に優しい素材のものを選ぶこと。

 

さらにアンダーヘアは自己処理では肌に与えるダメージが大きいので、エステやクリニックで脱毛をするなど、できるだけ刺激を与えないことです。もう一つ対策としてあげられるのが保湿ケアです。

 

肌に潤いが戻ればターンオーバーも正常化し、肌内部に蓄積して黒ずみの原因となるメラニン色素の排出にもつながります。

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにアロマは効果がある?

デリケートゾーンに黒ずみができてしまうのは、デリケートゾーンのお肌が乾燥していたり、ターンオーバーが乱れていたり、サイズが合わない下着などの刺激によってメラニンが生成されていたりすることが挙げられます。

 

ですので、デリケートゾーンの黒ずみの原因を抑える成分を調合したアロマオイルを買ったり、作ったりすれば、アロマオイルがデリケートゾーンの黒ずみの解消の効果を得ることが期待できることになります。

 

お肌のターンオーバーの乱れを整える効果を得ることが期待できるアロマオイルの成分としては、カモミールジャーマンや、ゼラニウムなどが挙げられます。

 

メラニンの生成を抑制する効果を得ることが期待できるアロマオイルの成分としては、アイリスや、カモミールジャーマンなどが挙げられます。

 

ですので、カモミールジャーマンは、お肌のターンオーバーを整え、なおかつメラニンの生成を抑制するという二つの効果を得ることが期待できるので、黒ずみの解消にオススメできる成分の一つであるということがいえます。

 

お肌を乾燥から守るためには、ビタミンCや、ビタミンEが含まれている成分が良いとされています。

 

ですので、カモミールジャーマンにグレープフルーツや、レモンなどといった柑橘類の成分をプラスするのも良い方法の一つになります。

 

 

 

メラニンが犯人って?

デリケートゾーンがなんだか黒ずんでいる、そうお悩みの方は意外と多いようです。黒ずんでいると不潔な印象ですし、遊んでいると思われるのも嫌です。

 

黒ずみの原因は何なのでしょうか?主な原因はメラニン色素です。肌は外部から強い刺激を受けると、肌内部を深刻なダメージから守るため防御反応を示します。

 

その一つがメラニン色素の発生です。黒色のこの色素によって肌内部が深刻なダメージを受けるのを防ぎます。

 

本来であればこのメラニン色素はターンオーバーとともに徐々に肌上部に押し上げられて、最終的に垢となって排出されます。ただ、この周期が乱れることで肌内部に残ったままとなり、それがそのまま色素沈着すると黒ずみとなるのです。

 

デリケートゾーンはその名の通り、他の部分よりも肌が弱いです。そのため下着とのこすれやムダ毛処理などによる刺激を過敏にキャッチし、メラニンの発生を招き、その結果黒ずみの原因となります。

 

ただ、上記のようにターンオーバーが正常であればメラニンは排出されるわけです。

 

デリケートゾーンの黒ずみを防ぐには刺激を与えないのはもちろん、保湿ケアなどによって肌のターンオーバーを正常化し、黒ずみの原因を排出させるような健やかな肌へ導くことです。

 

 

 

黒ずみに関係するサイト

黒ずみも色々ありますが、ここではデリケートゾーンの黒ずみに特化した情報を解説しました。

 

黒ずみって、気になりだすと何度も見てしまったりして、どうも気分が落ち込むこともあったりします。

 

黒ずみについては、こちらのサイトが役に立つかもしれません。参考までに掲載しておきます。

 

執筆者 ひとみ